マレーシアで海外就職・生活したい人のブログ

歴史を知ろう!マレーシア国立博物館

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは! 奥村 孝二(おくむら こうじ)です。
マレーシアにて現地採用として働いています。
マレーシア情報・海外就職・英語について書いていきます。
よろしくお願いします!
【海外就職・世界1周・ワーホリ経験者・TOEIC 840点・ミスチル大好き】
詳しいプロフィールはこちら

 

「みなさん休日は何をしていますか?」

 

僕は「マレーシア国立博物館」に行ってきました。日本語のガイドも無料で受けることができたので、マレーシアの歴史・文化をより詳しく知ることができました。入場料RM5(2018年2月現在138円)で日本語ガイドも無料で受けることができます。

 

  • 休日のお出かけに悩んでいる人
  • 格安で観光をしたい人
  • マレーシアの歴史を知りたい人

 

にオススメしたいです。英語がわからない人にも展示物が豊富で日本語ガイドもあるのでオススメできます。

また僕がマレーシアに住み始めてから5ヶ月がたちました。マレーシア国立博物館に行くと、住んでいて今まで気にならなかった身近なお金や国旗・イスラム教の普及にも意味があるんだなと感心しました。

 

今日は「マレーシア国立博物館」の情報をご紹介します。ぜひ、みなさん1度足を運んでみてください!

 

スポンサーリンク

 

マレーシア博物館とは

マレーシア国立博物館とは1959年に建築家である「ホー・コック・ホー(Ho Kuk Ho)」によって設計されました。1962年に建築を開始し、翌年の1963年に建物が完成しました。中は伝統的なマレー様式で建築されています。

 

基本情報

【開館時間】

毎日9時〜18時(イスラムの祝日を除く)

【料金】

大人:RM5
子供(12才未満):RM2
幼児(6才未満):無料

【場所

マレーシア国立博物館

Department of Museums Malaysia, Jalan Damansara 50566, KL

マレーシア国立博物館 Jabatan Muzium Malaysia, Jalan Damansara, Tasik Perdana, 50566 Kuala Lumpur, Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur

 

行き方

【KL sentral駅から】:KL sentral駅を降りてマクドナルドの左側を直進。あとは「Muzium Negara MRT station」の標識に沿って歩いて10分。

【Muzium Negara MRT 駅から】:B出口(Pintu B)からすぐ右手。

 

 

詳しくはマレーシア国立博物館ホームページでご確認ください。

 

展示物

マレーシア国立博物館は4つの大きな時代ごとに展示されています。

 

  • 先史時代(Pre History)

日本の石器時代のような、石を使い洞窟に住んでいる人々の生活や道具が展示されています。

 

  • マレー王国(Malay Kingdams)

ムラユ王国やマラッカ王国など、王国時代の剣や建築物が展示されています。またイスラム教が広まった歴史を知ることもできます。

胡椒(こしょう)1gが金1gと同じ価値!?

マラッカ王国はインドネシアから胡椒を大量に採取していました。肉の長期保存ができて希少なため、胡椒1gと金1gが同じ価値で取引されていたとのことです。

 

  • 植民地時代(Colonial era)

ポルトガルやオランダ、イギリス、日本に支配されていた植民地時代に関するものが展示されています。

マレーシア人が親日の理由

マレーシアは親日の国です。住んでいても、日本人でいるだけで笑顔で話しかけられ、親しくされます。第二次世界大戦中にマレーシアはイギリスに支配されていました。日本がイギリスを倒すことによりマレーシアの独立が10年早まったと言われています。独立を早めたことによりマレーシアの人たちは日本人に対して恩があるとのことです。

 

  • 現代(Malaysia Today )

マレーシア独立の背景や独立の際に中国共産党と対立した歴史を知ることができます。

マレーシアには民族間の争いの歴史がない!?

マレーシアはマレー系・中華系・インド系とさまざまな人種の人たちが生活しています。マレー系が優遇される政策「ブミプトラ政策」や中華系の国の「シンガポール独立」があるもの、ヨーロッパの「ユダヤ人迫害」やアフリカの「民族間の内戦」のような殺し合いの歴史がありません。

異文化の違いを理解でき、温厚な性格を持つマレーシア人ならではの特徴なのかも知れません。

 

日本語ガイド

 

マレーシア国立博物館では日本語ガイドを無料で受けることができます。歴史や文化だけでなく、マレーシアの豆知識など教えてもらうことができるのでオススメです!記事上の豆知識なども日本語ガイドの方から聞きました。

詳しくはマレーシア国立博物館 日本語ガイドまで

【時間】

午前10時から1時間ほど(毎週水・日曜日休み)

【集合場所】

1階ロビー前(下の写真参考)

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は「マレーシア国立博物館」の記事を書きました。日々の気づきや多民族の文化をより理解できるので、現地に住んでいる人たちにも1度足を運んでいただきたいです。

オススメの観光場所やマレーシアの豆知識などあればお問い合わせから教えてください!

ありがとうございました!

この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは! 奥村 孝二(おくむら こうじ)です。
マレーシアにて現地採用として働いています。
マレーシア情報・海外就職・英語について書いていきます。
よろしくお願いします!
【海外就職・世界1周・ワーホリ経験者・TOEIC 840点・ミスチル大好き】
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Endless Journey , 2018 All Rights Reserved.