マレーシアで海外就職・生活したい人のブログ

【仕事にブランクのある人必見】2年間仕事してない僕が海外で仕事をゲットできた4つの強み

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは! 奥村 孝二(おくむら こうじ)です。
マレーシアにて現地採用として働いています。
マレーシア情報・海外就職・英語について書いていきます。
よろしくお願いします!
【海外就職・世界1周・ワーホリ経験者・TOEIC 840点・ミスチル大好き】
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!!奥村 孝二(おくむら こうじ)です!!

 

みなさんは会社を辞めて、次の仕事をすぐ見つけることができると思いますか?

まして、2年間も世界で遊んでいて、仕事をしていないブランクのある人は!?

さらに、英語をバリバリ使う海外での仕事は!?

 

それは僕です!!

 

僕は世界1周を決断する前から、

 

「かっこよく世界1周するって辞めたけど、旅したあとどうなるかな??」

「世界1周ってほぼ遊びやから、次の仕事みつかるかな??」

とこんな事を考えていました。

 

しかし

今となっては世界1周は絶対にして良かったと思っているし、

実は

僕は4社マレーシアの日系企業を面接したのですが、すべての会社の面接を合格することができました!(2社内定2社最終面接辞退)

その中で特に、

この4つがあれば、仕事(特に海外就職)をゲットできると感じました。

そこで今回は

2年間ブランクのある僕が海外で仕事をゲットできた4つの強みをご紹介します。

スポンサーリンク

TOEICの点数

海外で仕事をするのに、絶対に必要なスキルは英語力です。

その中で日系企業を受けるのならば確実に聞かれるのがTOEICの点数です。(東南アジアで必要なTOEIC点数

ブランクのある人はもちろん、高ければ高い人の方が企業でも評価されます。

僕は2年半のブランクはありますが、その間に英語力、特にTOEICの点数UPに力を注ぎました。(セブ留学3ヶ月で510点⇒840点)

やはり企業も数字で確認できたほうが、説得力があるようで

僕はTOEICの点数が840点あるので、面接で英語力を心配されることはありませんでした。

もちろん、日々の仕事では苦労しているので勉強は継続しています。

できれば、

東南アジアで仕事を見つけるなら、800点以上、最低でも700点あれば他の応募者より英語力という点で優位に立てるでしょう。

 

 

成長したいという意思

次に大事なのが、

「発展途上国で自分自身一緒に成長してやるんだ!!」

という強い意思です。

転職エージェントに海外就職に失敗する人の共通点を聞いてみると

「東南アジアでのんびりすごしたい」

「残業なんかなく楽に仕事がしたい」

と糞みたいな理由で転職する人も少なからずいるようです。

このような人たちは、理想と現実が違いすぎてすぐに日本に帰るようです。

実際、働いていて現地のマレーシア人は定時出勤・定時帰宅ですが、

日本人や外国人には2〜3倍以上の賃金を払っているので、楽に仕事はできません!!

(気持ちや精神的な面は東南アジアのほうが楽です)

それなので、企業も

「絶対に東南アジアでスキル・キャリアアップするぞ!」

「自分自身も発展してやるぞ!!」

と熱い思いを持った熱男を欲しがります。

 

僕はブランクがあるからこそ、海外で仕事をしてスキル・キャリアアップを絶対するぞ

という強い意志を持って、面接や海外就職に望みました。

 

その国に貢献したいという意思

3つめに大事なのが、

選んだ国で仕事をする明確な理由またその国に貢献したいという意思です。

僕は現在マレーシアで仕事をしていますが、タイ・フィリピン・マレーシアの3つのどの国で仕事をするか迷いました。僕が海外でマレーシアを選んだ5つの理由

英語・治安・キャリア・スキルアップできる環境などからマレーシアを選びましたが、

僕はマレーシアで働き、貢献したいという思いが少なからずありました。

面接時の質問で必ず

「マレーシアで働く理由は?」と聞かれるので、

「今後発展していく東南アジアでスキル・キャリアアップしたい」

「英語力の向上や異文化の中で仕事をしたい」

といったように明確な理由を言う必要があります。

ですので、

しっかりと自己分析を行い、なぜ海外就職、しかもその国で働きたいのか

まできっちりと説明できれば、自分自身の強みになります。

 

素直さ と 謙虚さ

最後の強みですが、

素直さと謙虚さです。

海外、特に発展途上国で仕事する人の中には現地の人を下にみたり、偉そうな態度で接する人が少なからずいるようです。

転職エージェントに聞いたり、僕自身も強く思うのですが、

そういう人は必ず失敗します。

 

ですので、転職エージェントに登録し、いざ面接したい!とエージェントに言っても、会社や仕事を紹介されません。(転職エージェントは登録後に面談があります)

偉そうな人や傲慢な人は、エージェントも何千何万と人をみているので、すぐに見抜き、放置されます。

そうならないためにも、

周りの人を尊重し、周りの人の意見に耳を貸すような人柄は強みになり、面接でも評価されます。

また僕自身すごく思うのですが、

素直さと謙虚さは面接以外にも生きていく上で非常に大事なことだと思います。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

ブランクがあっても、TOEICの点数仕事や国を選んだ理由を明確にすることで、

仕事をゲットできる可能性はあがります。

僕自身、面接前は心配でしたが、準備や自己分析をしっかり行えば、

多少のブランクがあっても面接で評価され仕事をゲットすることができます。

僕自身ブログを書いていて上手くまとまっていないと思うので、

何言っているかわからない!」

「もっと詳しく言って!!」

などの意見はコメントからどんどん聞かせてください!

しっかりと回答したいです!!

ありがとうございました!!!

この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは! 奥村 孝二(おくむら こうじ)です。
マレーシアにて現地採用として働いています。
マレーシア情報・海外就職・英語について書いていきます。
よろしくお願いします!
【海外就職・世界1周・ワーホリ経験者・TOEIC 840点・ミスチル大好き】
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Endless Journey , 2017 All Rights Reserved.