マレーシアで海外就職・生活したい人のブログ

1人1000円で食べられるマレーシアのお寿司 5選

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは! 奥村 孝二(おくむら こうじ)です。
マレーシアにて現地採用として働いています。
マレーシア情報・海外就職・英語について書いていきます。
よろしくお願いします!
【海外就職・世界1周・ワーホリ経験者・TOEIC 840点・ミスチル大好き】
詳しいプロフィールはこちら

 

みなさんの中で

  • マレーシアで安くておいしいお寿司が食べたい
  • いろいろなお寿司屋があるけれど、料金や味が気になる
  • オススメのお店が知りたい

と思っている人はいるでしょうか?

この記事では「1人1000円で食べることができるマレーシアのお寿司 5選」をご紹介します。

 

僕は今、マレーシアでローカル向けの寿司レストランを立ち上げている最中です。仕事中も他のレストランのお寿司を食べ、味や料金を調べています。また日本でも魚の卸売会社で働いていたので、魚の味や質も調べていました。

そこでこの知識や経験を生かして「みなさんにも安くておいしいお寿司をマレーシアで食べて欲しい」と思いこの記事を書きました。

 

今回ご紹介するのは「マレーシアにあるローカル向けの料金が安いお店」です。日本の本格的なお寿司屋に比べると魚の品質や味は劣っています。またマヨネーズや濃い味付けをしているものもあり、お寿司とは呼べないかもしれません。(子供はきっと喜びますが)

日本の味を求める方はマレーシアにある日本のお寿司屋をオススメします。その場合は、1人RM100(約3000円)以上は覚悟しましょう。

 

今回は【料金・味・メニューの豊富さ・オススメ度】を5段階で評価しました。星が多いほど、高評価になります。

※ 評価は個人的な感想です。

 

スポンサーリンク

 

寿司三昧(sushi zanmai)

1つ目のお店が「寿司三昧(sushi zanmai)」です。カウンター席とテーブル席があり、日本の回転寿司と同じです。メニューも豊富で巻物・丼ぶり・焼き魚もあります。また、マレーシアのお寿司屋にはめずらしくにぎりの魚の種類もたくさんあります

※ いつもマグロを何千万円で買う日本の「すしざんまい」とは全く違うお店です。

 

寿司三昧の特徴は、イスラム教の人たち向けの「ハラルフード」ではなくアルコールや豚肉も提供しています。味付けも日本人向けのものが多いので、僕は寿司三昧が1番好きです。

 

ハラルフードとは、イスラムの教えで食べてよいとされる食べ物
「ハラル(英語:halal、アラビア語:حلال Halāl)」とは、「(イスラムの教えで)許されている」を意味するアラビア語です。

イスラム教では生活全般において戒律があり、食べ物に関しても「食べてよいもの」と「食べてはいけないもの」が細かく定められています。
イスラム教の教えで食べてよいとされている食べ物を「ハラルフード」と呼びます。

全面的に禁じられているのは、「豚肉」と「アルコール」。  クックビズ総研より引用

 

にぎりの種類もたくさんあります。

マレーシア人はサーモンが大好きなので、サーモンだけのメニューがたくさんあります。

寿司とは言いにくい見た目ですが、味はおいしいです。「インスタ映え」間違いなしです!

評価

料金
メニュー
オススメ度

以前3人で行った時のお会計はRM130でした。お酒を飲んではいませんが、お寿司はたくさん食べました。食べたわりには安いと感じました。子供から大人まで楽しむことができるので、個人的にはオススメできるお店です。

 

詳しくは → 寿司三昧 ホームページ

 

SUSHI KING

2つ目のお店が「SUSHI KING」です。SUSHI KINGと寿司三昧の2つが今マレーシアで1番店舗数が伸びていて勢いがあります。こちらもカウンター席とテーブル席があり、日本の回転寿司と同じです。

メニューは焼き魚やセットメニューもありますが、にぎりの魚の種類が少ないです。またハラルフードなので、少し薄味に感じるかもしれません。

ハラルフードのマーク

マレー系マレーシア人が多く住む地域では「SUSHI KING」、中華系マレーシア人では「寿司三昧」のお店が混んでいます。ハラルフードの関係もありますが、宗教や文化の違いがお寿司屋でも感じることができます。

 

魚の種類は多くありません。

お皿の色で料金が異なります。

評価

料金
メニュー
オススメ度

 

詳しくは → SUSHI KING ホームページ

 

SAKAE SUSHI

3つ目のお店が「SAKAE SUSHI」です。こちらもカウンター席やテーブル席があり、日本の回転寿司と同じです。メニューは定食やサイドメニューも豊富で、お寿司屋というよりはファミリーレストランに近いかもしれません。他のお店とは違い宅配も行っています。

 

 

評価

料金
メニュー
オススメ度

以前3人で行ったときのお会計はRM140でした。味はいまいちで注文から料理が出てくるまで40分くらい待ちました。店舗により違うとは思いますが、個人的には「もう1度行こう」とはならないお店です。

 

詳しくは → SAKAE SUSHI ホームページ

 

イオン

4つ目のお店は「イオン」です。イオンは店舗ではなくフードコートにお寿司コーナーがあります。持ち帰りもできますし、フードコートで食べることもできます。お寿司を選び、「CASHER」でお会計をします。お寿司以外にも日本で購入できる水産加工品なども販売しています。

 

こちらの席で自由に食べることができます。お寿司以外にもお好み焼き、たこ焼き、マレーシアフードなどさまざまなごはんを食べることができます。

1貫RM1〜3前後で購入できます。

パック商品は1パックRM20前後です。

 

評価

料金
メニュー
オススメ度

パック商品の味のクオリティは高いですが、1貫づつ選ぶタイプのお寿司はシャリも冷たくあまりおいしくありません。料金は安いので1度お試しで食べてみても良いかもしれません。

 

詳しくは → AEON ホームページ

 

SUSHI Q

最後のお店が「SUSHI Q」です。こちらもお持ち帰りができますし、お店のなかで食べることもできます。お寿司以外にもラーメンやサラダなども注文できます。またフードパンダという宅配アプリで注文することで家まで配達することが可能です。

 

こちらも食べたいお寿司を1貫づつ選ぶことができます。

評価

料金
メニュー
オススメ度

料金もあまり高くなく、味も良くも悪くもありません。どうしてもお寿司が食べたくてSUSHI Qしかなければ「行こうかな」という感想です。

 

詳しくは → SUSHI Q ホームページ

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は「1人1000円で食べることができるマレーシアのお寿司 5選」をご紹介しました。評価は個人的な感想で店によって味も異なると思います。

マレーシアのお寿司屋は日本人が経営していなくても、日本語でメニューが書かれています。また巻き寿司の中の具なども表記されているのでわかりやすいです。

 

日本人にしてみると「これがお寿司か!」と言いたくなります。しかし、文化・宗教・国が違えば味もスタイルも変わりますので、マレーシア流のお寿司を楽しみましょう。

何かあればお気軽にお問い合わせまでご連絡ください!

今日も読んでいただきありがとうございました!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは! 奥村 孝二(おくむら こうじ)です。
マレーシアにて現地採用として働いています。
マレーシア情報・海外就職・英語について書いていきます。
よろしくお願いします!
【海外就職・世界1周・ワーホリ経験者・TOEIC 840点・ミスチル大好き】
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Endless Journey , 2018 All Rights Reserved.