マレーシアで海外就職・生活したい人のブログ

現地採用者が語る!マレーシアでめっちゃおすすめできる観光都市 7選

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは! 奥村 孝二(おくむら こうじ)です。
マレーシアにて現地採用として働いています。
マレーシア情報・海外就職・英語について書いていきます。
よろしくお願いします!
【海外就職・世界1周・ワーホリ経験者・TOEIC 840点・ミスチル大好き】
詳しいプロフィールはこちら

 

みなさんの中で

  • マレーシアのオススメの観光都市が知りたい!
  • どんな観光スポットがオススメなの?
  • 都市までのアクセスはどれくらいかかるの?

と思っている方はいるでしょうか?

 

今回はマレーシアのオススメできる観光都市を7つご紹介します。この記事を読めば、あなたの今回の旅行で訪れる観光都市が決まること間違いなしです!

僕はマレーシアに住み始めてから6ヶ月が立ちます。いつもはクアラルンプールに住んでいますが、休みの日にいろいろな場所に観光に行っています。また、世界1周中にもマレーシアの各都市をバスで移動していました。

マレーシアは「定年後に住みたい国No.1」や「親日の国」と知られているので、日本人にとってはとても観光のしやすい国です。また近年ではAir Asiaなどの格安航空会社もあり、片道8時間、料金は1万円代からのチケットがあります。

日本人にとってとても身近な国になってきています。

マレーシアの物価は日本の3分の1程度なので、ショッピングや観光もリーズナブルな値段でできます。

今回はそんなマレーシアに「ぜひ、行ってみたい!」と思わせる魅力的な都市を7つ厳選してご紹介したいと思います。どうぞご覧ください!

 

スポンサーリンク

クアラルンプール

クアラルンプールの魅力とは?

クアラルンプールは「東南アジアで急速に発展している世界都市」です。またマレーシアの首都となっています。大きな観光都市で電車やバスなどの整備も整っているので海外旅行初心者の方にも観光がしやすくなっています。マレー系・インド系・中華系の人々が暮らし、さまざまな文化が入り混じっているのが大きな魅力です。

 

 クアラルンプールの観光スポットは?

  • ペトロナス・ツインタワー

高さ452.9メートル、地上88階、1998年に完成したツインタワーはクアラルンプールのシンボルです。モスクのミナレット(頭部分)をイメージしてデザインされました。41階にかけられたスカイブリッジへ入場し、景色を眺めることができます。

こうじ
日本が1つのタワーを建てて、韓国がもう1つのタワーを建てました。また、真ん中の橋はフランスが作りました。

 

  • ムルデカ広場(独立広場)

1957年8月31日にイギリスからの独立を宣言した歴史的な場所です。ムルデカはマレー語で「独立」を意味します。周辺には歴史的なスポットがあるのでぜひ一緒に訪れてみてください。

 

  • チャイナタウン

参照:visit malaysia

屋根付きのペタリンストリートを中心としたエリアです。中華だけでなくマレーシアのおいしいものが食べられる場所です。お土産を買うのに便利なセントラル・マーケットや安宿街もチャイナタウン周辺にあります。

 

  • マレーシア国立博物館

KL sentral駅のすぐ近くにある博物館です。マレーシアの歴史・文化遺産に関する資料・芸術作品が数多く展示されています。毎週月・火・木・金・土曜日の10時からボランティアスタッフによる無料の日本語ツアーがあります。

 

アクセス

飛行機:日本から8時間、シンガポールから1時間
バス:シンガポールから6時間

クアラルンプール

 

マラッカ

マラッカの魅力とは?

マラッカは2008年に「ユネスコ世界文化遺産」に登録された歴史的な都市です。1400年にマレーシア初の王朝「マラッカ王国」が生まれ発展した街で、その後イギリスやオランダなどのヨーロッパの国々に支配されました。さまざまな建物や文化が入り混じった街並みが魅力的です。

 

マラッカの観光スポットは?

  • オランダ広場

1753年にキリスト教会をはじめ、オランダ建築様式の建物が集まる広場です。オランダが支配していたときは白色でしたが、その後のイギリスの支配のときにサーモンピンク色に塗り替えられました。

 

  • セントポール教会

ポルトガル人がキリスト教を広めるために1521年に建てた教会です。日本でも有名なフランシスコ・ザビエルはここから日本へ旅立ちました。その後、破壊と再建が重ねられましたが、現在は廃墟のままです。

 

  • 水上モスク

海の上に建てられているモスクです。観光客も見学は可能となっています。モスクと太陽が沈む夕日を見るためにたくさんの人が海辺に集まります。

 

アクセス

バス:クアラルンプールから2時間

マラッカ

 

ペナン島

ペナン島の魅力とは?

ペナン島は2008年に「ユネスコ世界文化遺産」に登録された歴史的な都市です。イギリスに支配されていたときの建物だけでなく、中国南部様式、インド寺院があったりとさまざまな文化が入り混じっています。最近ではストリートアートなどカラフルな街並みが魅力的です。

 

ペナン島の観光スポットは?

  • ストリートアート

ジョージタウンの世界遺産地区はすっかりアートの街になりました。ペナンの日常をモチーフにしたペイントアートや針金で作ったアイアンアートなど50カ所以上にさまざまな作品が展示されています。

 

  • 極楽寺

アイルイタムの丘にあるペナン最大の仏教寺院です。巨大な観音像やカラフルな建造物が並び、まるでテーマパークのようです。30メートル7層からなるパゴダは中国・ビルマ・タイの3つの様式が混在しています。

 

アクセス

飛行機:クアラルンプールから50分
バス:クアラルンプールから4時間

ペナン島

 

コタキナバル(ボルネオ島)

コタキナバルの魅力とは?

コタキナバルは「ユネスコ世界自然遺産」に登録された自然あふれる都市です。西マレーシアの最大の都市はクアラルンプールですが、東マレーシア最大の都市はコタキナバルとなっています。海岸にはダイビングスポットが多くあり、キナバル自然公園のキナバル山は東南アジアで1番高い山です。

 

コタキナバルの観光スポットは?

  • キナバル自然公園

コタキナバルから車で1時間の場所にキナバル自然公園があります。東南アジア最大のキナバル山があるエリアで、高さは富士山より高く4095メートルにもなります。周辺には動植物が豊かで、時期が良ければ世界最大の花、ラフレシアも見られます。

こうじ
僕の2018年の1つの目標がキナバル山に登ることです!!

 

アクセス

飛行機:日本から6時間、クアラルンプールから2時間40分

コタキナバル

 

ランカウイ島

ランカウイ島の魅力とは?

ランカウイ島はマレーシア随一のリゾート地となっています。大小さまざまな99の島からなるランカウイ島はいくつもの伝説が語り継がれている伝説の島です。島全体が自然と海に囲まれてて、バカンスには最適の場所です。また島全体が免税なのでリゾートだけでなく、ショッピングも同時に楽しめます。

 

ランカウイ島の観光スポットは?

  • ランカウイケーブルカー

参照:AB-ROAD

海抜700mまで上がれるケーブルカーで所要時間は約20分です。山頂には展望台があり、360度の景色を見ることができます。天気のいい日は、マラッカ海峡やタイの島々が見えることも。

 

  • パンタイチェナンビーチ

パンタイチェナンビーチは南西に位置し、ランカウイを代表するビーチです。ビーチの近くにはモーテルが軒を連ね、その前の道にはレストランやショップ、マッサージ店があります。

 

アクセス

飛行機:クアラルンプールから1時間10分、シンガポールから1時間30分
フェリー:ペナン島から2時間45分

ランカウイ島

 

 

ジョホールバル

ジョホールバルの魅力とは?

ジョホールバルはマレーシアとシンガポールとの国境の都市です。シンガポールからの観光客や買い物客でいつもにぎわっている大きな都市です。最近では日本人の移住者も多く、開発が進められています。

 

ジョホールバルの観光スポットは?

  • レゴランド

参照:マレーシアジョホールバル不動産

2012年にオープンしたアジアで初めてのレゴランドのテーマパークです。広大な敷地には7つのエリアがあり、40以上のアトラクションやショーが楽しめます。レゴブロックで作られたツインタワーなど世界中の建物がレゴブロックで展示されています。

 

  • スルタン・アブ・バカール・モスク

参照:旅行達人!旅の必ず役立つ情報館

マレーシアで最も美しいとされているモスクで白と青を基調にしています。内部の見学は無料ですが、礼拝の時間や服装に決まりがあるのでご注意下さい。

 

アクセス

飛行機:クアラルンプールから50分、
鉄道:クアラルンプールから6時間
バス:クアラルンプールから6時間、シンガポールから1時間

ジョホールバル

 

イポー

参照:映画と株とモルディブの毎日

イポーの魅力とは?

イポーはイギリス領土時代の建築物が残る都市です。マレーシアで3番目に大きな都市で、昔の鉄道駅や市役所などもあります。街が緑に囲まれて、良い水源に恵まれておりグルメの街と呼ばれています。普通の観光にあきた人はぜひ立ち寄ってみてください。

 

イポーの観光スポットは?

  • イポー鉄道駅

参照:マレーシアマガジン

ムーア風とコロニアル風の建築様式を取り入れたイポー駅は街のシンボル的存在です。イポー〜クアラルンプールを結ぶKTMインターシティの発着駅となっています。

 

  • ロウ・ウォン

参照:映画と株とモルディブの毎日

イポーをグルメの街として有名にしたのが、このお店の鶏料理です。しっとりやわらかなゆで鶏が絶品です。

 

アクセス

バス:クアラルンプールから2時間30分
鉄道:クアラルンプールから2時間30分

ipoh

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回はマレーシアのオススメできる観光都市を7つご紹介しました。これでみなさんも今回の旅行で訪れる観光都市の候補を決められたと思います。

僕もすべての都市を訪れたことはありませんが、これから訪れる予定です。マレーシアは格安航空会社のAir Asiaがあるので、マレーシア国内の旅行だと片道1万円以下で行けるので本当にお得です。

Air Asiaのチケットはこちらから → Air Asia 公式ホームページ

 

またマレーシア国内のバス・電車・タクシーアプリでの移動方法も記事にしていますので、お使いになる方はぜひご覧ください。

 

読んでいただきありがとうございました!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは! 奥村 孝二(おくむら こうじ)です。
マレーシアにて現地採用として働いています。
マレーシア情報・海外就職・英語について書いていきます。
よろしくお願いします!
【海外就職・世界1周・ワーホリ経験者・TOEIC 840点・ミスチル大好き】
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Endless Journey , 2018 All Rights Reserved.